皮下脂肪を落とす方法・教室TOP > 皮下脂肪の落とし方のコツとは? > 下半身痩せの方法って何?

下半身痩せを達成するポイント

下半身痩せしたいということは、上半身に比べて脂肪が多くついていると自覚しているからでしょうか?

女性の場合、下に行くほど脂肪がつくという「洋ナシ型」の体型が多くなります。これは重力の関係かと考えてしまいますが、そればかりでもなさそうです。男性では、このような下半身太りは少ないですし、すべての女性がこのような体型ではないからです。

下半身痩せするということは、ヒップ(お尻)やウエスト、太もも、ふくらはぎ、足首などを細くしたいわけですよね。皮下脂肪を落とすさいの基本原則として、全身から均等に減っていくということがあります。ですから下半身だけを細くするのは難しいかもしれません。

下半身も細くなるし、同時に上半身も細くなる、ということなら可能と思われます。でも、それでは結局は上半身と下半身の比率が変わらないので、下半身太りの体型には変化はないことに・・・。

下半身痩せしたい女性は、全身の皮下脂肪を落とすと同時に、別の観点にも着目したほうがよさそうです。なぜ、下半身にとくに体脂肪がついているのか?ということです。それには、以下のような原因が考えられます。

  • 内臓脂肪の代わりの貯蔵庫として
  • 骨盤がずれている
  • リンパや血液の還流が滞っている

女性は内臓脂肪に付きにくい性質があるので、その代わりに腹筋の外側とか、その周辺のヒップや太ももに脂肪が蓄積されることが考えられます。お腹のなかは胎児を育てるためにスペースを空けておかなければなりません。そこで、そのそばのヒップや太ももに脂肪が付きやすくなるわけです。

この考え方からすると、女性にとってヒップや下半身は内臓脂肪代わりになっているのかもしれません。そうすると、ダイエットによってすぐに減っていく脂肪となります。

下半身痩せしたい女性は、骨盤にも注目してみましょう。女性は男性に比べて骨盤が広くなっています。また筋肉量が少ないために、ちょっとしたきっかけで、ずれたりします。出産をすると、骨盤が開いてしまうこともあるようです。

ずっと同じ姿勢でいると、骨盤周辺の筋肉がこり固まり、血行が悪くなります。すると下半身のエネルギー代謝が悪くなり、とくに下半身の脂肪の分解・燃焼が滞ることが考えられます。

これを防ぐためには、ずっと同じ姿勢でいるのではなく、たまにストレッチをするなどの工夫が必要です。イスに座りながら、ゆっくりと腰をひねり、静止させるだけでも効果があります。

下半身痩せするためには、足の血行やリンパの流れがよくないといけません。足に筋肉があまりない女性は、静脈血やリンパを心臓のほうへと押し戻す力が弱いといえます。そうなると足がむくみがちになったりして、下半身太りになります。

上半身の血液やリンパは重力の関係から、黙っていても心臓に戻ってきます。また、心臓に近いので問題はありません。しかし心臓よりも下にあったり、遠い位置にあるお腹やウエスト、ヒップ、太ももなどは、心臓に戻りづらくなります。

筋肉を鍛えている女性なら、その心配はありません。でも筋トレをしないで、食事制限だけのダイエットをしている女性は、回収作業が滞り、とくに下半身の脂肪燃焼効率がダウンしてしまうのです。

下半身痩せの方法は、以上のようにいくつかの観点から見ることができます。ひとつの方法だけを行うのではなく、バランスよく改善してきましょう。