皮下脂肪を落とす方法・教室TOP > 皮下脂肪の落とし方のコツとは? > 二の腕を細くするには?

二の腕を細くする効果的な対策

二の腕を細くするには、どうしたらよいでしょうか?

二の腕は、ヒジから肩の手前にかけてのラインです。とくに腕の裏側の肉は、腕を動かすたびに、「たぷたぷ」動きます。この動きが、皮下脂肪の存在を強調するために、そのつど意識が行き、なんとか二の腕の肉を落としたいと思うわけです。

ある意味、二の腕の皮下脂肪の量によって、その女性の体脂肪率がわかったりします。二の腕に脂肪があまりない女性は、よく運動している人か、がりがりの痩せ体型のどちらかです。

二の腕を細くするには、よく筋肉をつけるとよいと言われます。これは本当でしょうか?まず、筋肉というものは骨の外側についています。つまり皮下脂肪の内側にあります。

ですから二の腕の筋肉(上腕三頭筋)を鍛えれば、骨と皮下脂肪の間に、しっかりとした組織が介在することになります。これが二の腕の「たぷたぷ」を阻止してくれるわけです。

しかし、いくら筋肉を付けたからと言って、二の腕を細くすることができるかというと、ちょっと疑問です。むしろ筋肉が太くなった分、よりいっそう二の腕が太くなる可能性が高くないでしょうか?ですから、二の腕の筋肉を付ける場合は、軽い負荷でほどほどにやったほうがよいわけです。

根本から二の腕を細くするためには、二の腕部分の皮下脂肪を落とす必要があります。これなくして、腕が細くなることはありませんよね?しかし現実には、なかなか二の腕の脂肪が落ちてくれない、ということがあります。

皮下脂肪というのは、まず内臓脂肪が減ったあとに減少していくという順序があります。ですから、更年期などを迎えて内臓脂肪が沢山ある女性は、まずは内臓脂肪を落とさなければなりません。

もちろん若い女性は、妊娠や出産の関係上、内臓脂肪はたまりづらいことは確かです。その場合でも、皮下脂肪というのは、全身から均等に減っていきます。二の腕だけの脂肪を、とくに減らすことは可能なのでしょうか?

ここで取って置きの、二の腕を細くする対策法があります。それは二の腕の筋肉を刺激してから、有酸素運動を行うという方法です。二の腕の筋トレをすると、その部分の筋肉がとくに熱を帯びます。すると、その周辺の脂肪細胞も活性化するはずです。

脂肪分解酵素のリパーゼは、脂肪細胞内にあります。ということは、二の腕の筋肉を鍛えると、その部分のリパーゼを活性化でき、二の腕の皮下脂肪をとくに分解できる可能性があるということ。ただし、この状態では、脂肪の燃焼はなされません。

そこで筋トレの直後に、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行ないましょう。ステッパーでもエアロバイクでもよいでしょう。そうすると、二の腕部分の皮下脂肪のリパーゼがとくに活性化していると考えられるので、すぐにでも二の腕を細くすることが期待できるのです。

筋トレに代わるものとして、二の腕部分のマッサージや、二の腕部分の温め(湯たんぽ、カイロなど)でもよいかもしれません。とにかく有酸素運動の直前に、二の腕の皮下脂肪を温めればよいのです。