皮下脂肪を落とす方法・教室TOP > 皮下脂肪の落とし方のコツとは? > おなかの皮下脂肪を減らすには?

おなかの皮下脂肪を攻略するには?

おなかの皮下脂肪を落とす方法は、一筋縄ではいかないのが現状です。

まず内臓脂肪が多い人は、まずはそれを消費してからでないと、お腹の皮下脂肪は消費されません。でも女性の場合、内臓脂肪は男性に比べて少ない傾向にあるので、それほど悲観することはありません。

内臓脂肪かどうかは、実際にお腹の肉をつまんでみて、つまめない部分が内臓脂肪です。内臓脂肪でおなかが膨れている場合は、ダイエットですぐに凹むので、お腹の部分痩せは短期間で達成可能です。

そのほか、ほんとうにおなかの皮下脂肪が、お腹ポッコリの原因なのかを考える必要があります。その判定方法は、前述したように指でつまめるかどうかです。もし、つまめる量が少ないのにお腹が出っ張っている場合、内臓脂肪かもしれませんが、別の理由のこともあります。

それは胃下垂などの内臓下垂です。もともと痩せ体型の女性は、食べ物が胃に入ったときに、胃がおへそのあたりまで垂れ下がります。すると下っ腹がぽっこりしてくるのです。それに、食べたものが胃の中に長くとどまり、消化に時間がかかります。おなかがもたれがちで、しかも下腹が出ている女性は、胃下垂が原因かもしれません。

おなかの皮下脂肪は、女性の場合、すぐに付きやすくなります。男性の場合は、妊娠しないので、お腹の内部には脂肪が付き放題です。でも女性の場合は、妊娠に備えておなかの中には、空きスペースを作っておかなければいけません。ですから内臓脂肪に変わるものとして、腹筋の外側の「おなかの皮下脂肪」に付きがちなのです。それに関連して、ウエスト、ヒップ、太ももにも脂肪細胞が蓄積しやすくなります。

その結果、女性の場合、どうしても下半身太りになり、洋ナシ型という肥満体型になりがちになります。上半身に比べて、足のほうが膨れているわけですね。

女性の場合、骨盤にズレが生じやすいともいわれています。そうなると、その上に乗っていた内臓が落ちてきて、お腹が出てくるのです。胃だけではなく、腎臓などの器官も垂れ下がり、子宮や卵巣が圧迫を受けがちに。その結果、ホルモンバランスの乱れにつながって、生理不順やPMSの原因になる可能性があります。

おなかの皮下脂肪を落とすには、内臓脂肪が少ない女性の場合、それほど困難ではありません。普通は食事制限やマイクロダイエットなどの「カロリー置き換え食品」という手段がとられます。それとか低炭水化物ダイエットや、寒天ダイエット、バナナダイエットなどですね。このへんは挙げていったら、きりがありません。。。

でも、このような極端な食事制限によって痩せようとする考えは、間違っています。それでは、どうしてもぶどう糖が不足しがちになります。すると足りない栄養素は、筋肉からまかなうのです。すると、どうなるでしょうか?どんどん筋肉量が減少していって、基礎代謝が落ちていくことになります。

おなかの皮下脂肪を落としたいのなら、まずは栄養バランスは摂れていたのか、チェックしてみましょう。その次にすることは、食事を抜くことなく、1日に3食(できれば4食)を食べることです。これによって脂肪が溜まりづらい体質になれます。

ただし1食で食べ過ぎると、まったく意味がありません。そこで、時間をかけて食べることによって、満腹中枢を刺激して、自然に食欲を抑制させます。これによって腹八分目とか腹七分目が可能になります。このくらいの食事制限なら、体が飢餓状態にならなくて済みます。

おなかの皮下脂肪は、全身の脂肪と一緒に、均等に減っていきます。でも小腸に一番近いのは、腹部の脂肪ですから、落ちやすいかもしれません。おなかを温めたり、さすったりすれば、けっこう脂肪が燃焼しやすくなるのではないでしょうか?

腹筋をすることも、おなかの皮下脂肪をへらすために有効です。腹筋したからといって、直接的には脂肪は減りませんが、その突破口とすることは出来ます。腹筋しておなかの周辺の脂肪を活性化させた直後に、ウォーキングに出かけるのです。そうすれば、すぐにでもお腹の脂肪が減っていく可能性があります。