皮下脂肪を落とす方法・教室TOP > 皮下脂肪の落とし方のコツとは? > 食べ過ぎが太るのはなぜ?

食べ過ぎが太る理由

食べ過ぎは太ると、一般的にいわれています。

単純に考えて、摂取カロリーのほうが消費カロリーよりも多くなって、上回るからですね。しょせん体重(体脂肪)の増減は、この二つの収支の結果であり、バランスです。

消費するエネルギー以上のカロリーを摂れば、食べ過ぎで太ることになります。体内に取り込んだ栄養素を、脂肪細胞として貯蓄しておくわけです。そうしておいて、栄養不足のときに備えておきます。反対に消費エネルギーのほうが少ない場合は、すでに蓄えられている脂肪が分解して、燃焼されます。皮下脂肪を落とすためには、後者のほうを目指すべきですよね。

食べ過ぎが太るといいますが、一概にはいえません。たとえば何を食べるのかでも違ってきます。高カロリーのものなのか、低カロリーのものなのか・・・。またどのように食べるのかでも、違ってきます。ゆっくり味わって沢山食べるのか、短時間で沢山食べるのか・・・。食べる時間帯でも違ってきます。

高カロリーの食品の食べすぎは太るのは当然です。でも低カロリーのものをお腹いっぱいに食べても、それほど太りません。たとえば野菜をたくさん食べても、それほど太らないでしょう。つまりお腹の膨張は即、肥満にはつながらないということですね。極端にいえば、水でおなかいっぱいにしても、カロリーゼロです。

そのほか、ゆっくりと血糖値を上げれば、食べ過ぎで太る可能性は低くなります。一気に血糖値を上げると、膵臓から一度に多くのインスリンが分泌されてきます。そうなると、コップに水を勢いよく注ぐと、こぼれるように、脂肪細胞に蓄積されやすくなります。反対に、ゆっくりと血糖値を上げることは、ゆっくりとコップに水を注ぐことであり、脂肪細胞に溢れにくくなります。

血糖値をゆっくり上げるには、GI値が低い食材を選ぶ「低インシュリンダイエット」などがあります。そのほか水溶性食物繊維やカテキン(緑茶含有成分)を利用することもできます。食事に食物繊維と取り入れることによって、ゆっくりと血糖値が上昇していくので、食べ過ぎで太る危険が減るのです。

食べる時間帯によっても、脂肪細胞へ蓄積されるかどうかが違ってきます。朝や昼は、比較的太りにくい時間帯。ですから朝食や昼食はしっかりと食べましょう。反対に夕食や夜食は、太りやすい時間帯。このときに食べ過ぎれば太るのは当然です。もし食べたくなったら、低カロリーのものでお腹を満たしましょう。

1日中、頻繁に何かを口にしていると、太りやすくなります。つねに肝臓のグリコーゲンタンクが満タンだからです。ここには300kcalほどが蓄えられます。そうして、空腹時に分解してぶどう糖にし、血液中に流しているのです。

でもつねに間食を摂っている人は、グリコーゲンがつねに満杯状態。そうなると、それ以上のカロリーが入ってくると脂肪細胞に行くしかなくなります。食事を摂ると、まずは不足分のグリコーゲンタンクが補充されますので、できるだけ食事の間隔を空けて(1日3食)、グリコーゲンタンクに空きを作っておいたほうがよいのです。

そうすれば、食事をすると、まずはその不足分に補充されるので、脂肪細胞に蓄積されづらいからです。同じように沢山食べているようでも、食べる前のグリコーゲンタンクの残量の違いによって、食べすぎで太るか太らないかが決まってきます。以上のように、食べ過ぎが太るとは一概にはいえないということです。